川路建設

お問い合せ先:0993-26-2077

T低「伝統の彩りをまとい家族を包む和デザインの家」

T低「伝統の彩りをまとい家族を包む和デザインの家」
玄関ポーチの屋根には厄除け・魔除けの意味を持つ、鬼面の鬼瓦を。アプローチや庭は、ご主人が少しずつ手を入れて仕上げている。
玄関ポーチの屋根には厄除け・魔除けの意味を持つ、鬼面の鬼瓦を。アプローチや庭は、ご主人が少しずつ手を入れて仕上げている。

※写真はクリックで拡大してご覧いただけます。

家族もゲストも居心地のいい空間に

もともと神社・仏閣など、和の建築が好きというご主人。そんな熱い想いは、T低の意匠にも存分に活かされることになりました。
T低のイメージコンセプトは「蔵」。日本三大瓦の一つである石州瓦を葺いた屋根に、焼きスギの板を巡らせた外観は伝統的に蔵造りを思わせる風情を漂わせています。家族やゲストを出迎える玄関は、一枚板の式台や飾り棚を設けるなど重厚感ある演出を。そしてリビング・ダイニングに足を進めると、まず目に飛び込んでくるのが吹き抜けの勾配天井に現した堂々たる梁。生き生きとした木目の表情は、珪藻土を用いた壁とも高相性です。

LDKを中心に据えた間取りは、仕事を持つ奥様をサポートする動線がポイント。特にキッチンからユーティリティー、洗面・脱衣室までつながっている配置は秀逸です。しかもユーティリティーでは、洗う・干す・収納までの洗濯動線を集約。「かなりの時短になっていますよ」と奥様も太鼓判を押しています。
生活や家事の利便性だけなく、ゲストへの配慮も抜かりありません。ご主人が趣味で続けている音楽活動の仲間や友人たちの来訪も多く、ゲスト用のトイレが用意されています。そんな間取りやディテールのほとんどが、ご主人によるアイデアというのも驚き。
「望みを全部かなえた住まいです」の一言に、満足度の高さがギュッと詰まっています。

面積
延床:160.40㎡(48.50坪)
1F:157.52㎡(47.60坪)
2F:R階 2.88㎡(0.80坪)
構造
工法:木造軸組在来工法
基礎:ベタ基礎

※写真はクリックで拡大してご覧いただけます。

ゆったりと広がる芝庭や南国の青空に映えるT低。焼きスギの外壁や破風板、樋の黒が効いた、個性あるれる美しいデザイン。
ゆったりと広がる芝庭や南国の青空に映えるT低。焼きスギの外壁や破風板、樋の黒が効いた、個性あるれる美しいデザイン。
キッチン背面に設けられたユーティリティースペース。洗面・脱衣所にもつながり、子供たちの着替えも手間取らずに済む。右端のドアは家族用トイレ。
キッチン背面に設けられたユーティリティースペース。洗面・脱衣所にもつながり、子供たちの着替えも手間取らずに済む。右端のドアは家族用トイレ。
お問い合わせ、ご相談はこちらから
«
  • 川路不動産
  • 施工実績
  • スタッフブログ

カテゴリー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

PAGE TOP